Y!mobile(ワイモバイル)のSIMカードを徹底解説!

ymobile
Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンク株式会社が運用している格安SIMや格安スマホなどを取り扱っているサービスです。

「ふてニャン」というかわいらしい猫が、TVCMでY!mobileを紹介しています。

Y!mobileなら、スマホの月額料金を通話料込みで最安2,980円にすることができますし、LTE対応なのでインターネット上のウェブサイトの表示が早いですね。

その他、ワイモバイルなら10分以内の通話が1ヶ月あたり300回まで無料でできたり、「スーパーだれとでも定額」というオプションを利用すれば、いくら電話してもタダです。

では、ここからはワイモバイルについてもっと詳しく見ていきましょう!

button_001

目次

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プラン

Y!mobileには大きく分けて

・スマホ向けの料金プラン
・スマホ以外の端末向けの料金プラン

の2種類があります。

まずはスマホ向けの料金プランの「スマホプラン」から解説していきますね。

Y!mobileのスマホの料金プラン

ymobile
ワイモバイルのスマホの料金プランには、

・スマホプランS
・スマホプランM
・スマホプランL

の3種類があります。

これらのプランは、電話、SMS、メールやインターネットなどのデータ通信ができますね。

月額料金は以下のようになっています。

下の表に書いてある「SIMカードの種類」という項目の意味がよくわからなければ、以下のページでSIMカードについて解説しているので見てみてくださいね。

>>SIMカードとは?音声通話機能付きSIMとは?

また、「高速データ通信容量って何なの?高速データ通信容量がどれくらいあれば良いの?」という状態なら、以下のページで詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

>>通信容量って一体何?

【月額利用のSIMカード】

SIMカードの種類 プラン名 高速データ通信容量 高速データ通信
(LTE対応)
月額料金
音声通話機能付きSIM スマホプランS 1GB/月 2,980円
スマホプランM 3GB/月 3,980円
スマホプランL 7GB/月 5,980円

>>Y!mobileのもっとわかりやすい一覧表はこちら

【Y!mobileのSIMカードの特徴とオプション】

・SMS機能は最初から付いている

・「スーパーだれとでも定額」は+1,000円/月

・初期費用は3,000円

・最低利用期間は2年、最低利用期間内の解約は違約金9,500円

・その他のオプションはこちら

ワイモバイルのスマホ以外の料金プラン

ワイモバイルには、スマホ以外の端末に向けた料金プランもたくさんあります。

例えば、

タブレット向け:データプラン
ガラケー向け:ケータイプラン
Pocket WiFi向け:Pocket WiFiプラン

があります。

これらのプランの月額料金は以下のようになっています。

【スマホ以外の料金プラン】

端末 プラン名 データ通信容量 高速データ通信
(LTE対応)
月額料金
タブレット データプランS 1GB/月 1,980円
データプランL 7GB/月 3,696円
ガラケー ケータイプラン 通信量に応じて
料金が加算される
× 1,381円
Pocket WiFi Pocket WiFiプラン2 7GB/月 3,696円
Pocket WiFiプランL 7GB/月 4,380円
Pocket WiFiプランSS 5GB/月 2,480円

【注意点】
・どのプランも最低利用期間は3年、最低利用期間内の解約は違約金9,500円がかかる

button_001

期間限定!11月30日までのお得なキャンペーン「Superコミコミ!」

Y!mobileでは現在、11月30日までのお得なキャンペーン「Superコミコミ!」を行っています。

このキャンペーンに申し込むと、2年間、通信容量が2倍になるんですね。

具体的には、以下の表のようになるということです。

プラン名 高速データ通信容量 月額料金
スマホプランS 1GB/月⇒2GB/月 2,980円
スマホプランM 3GB/月⇒6GB/月 3,980円
スマホプランL 7GB/月⇒14GB/月 5,980円

通信容量2倍の適用条件についてはコチラのページに詳しく書いてありますので、興味があれば見てみてください。

「Superコミコミ!」は11月30日までのキャンペーンなので、もしあなたが2倍の通信容量が欲しい!と思っているなら、このチャンスを是非とも掴んでくださいね。

Y!mobile(ワイモバイル)の特徴と強み

ここから下では、Y!mobileのスマホプランについての強みなどを解説していきます。

スマホプラン以外の料金プランに興味があるなら、ワイモバイルの公式サイトを訪ねてみてくださいね。

Y!mobileなら通話料込みで月額2,980円でスマホが利用できる!

ymobile
Y!mobileなら、通話料込みで月額2,980円からスマートフォンを使えます。

大手三社(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホの月額料金は6,000円以上かかることがほとんどです。

つまり、大手三社よりもワイモバイルの方が1ヶ月あたり3,000円くらいは安くなる計算になります。

もっと具体的に、どれくらい安くなるのかについては、こちらのページで詳しく解説をしています。

通話料金も考慮した月額料金で比較しているので、興味があれば見てみてくださいね。

ワイモバイルは10分以内の通話が300回まで無料!

ymobile
Y!mobileのスマホプランの大きな特徴の1つとして、通話料金がお得ということがあります。

10分以内の通話は1ヶ月あたり300回まで無料でできるんですね。

1日あたり10回も10分の無料通話ができる計算になります。

格安SIM業者の多くはこういった無料通話がないので、この点はワイモバイルの強みになっているということですね。

ただ、1回の通話で10分以上の通話をしてしまった場合、超えた時間の分だけ30秒あたり20円の通話料金がかかることに気をつけてください。

また、同じ月に301回以上通話してしまった場合、通話料金が最初から30秒あたり20円かかってしまうことにも注意してくださいね。

もしこういった制限が嫌で、もっと自由に、10分以上の通話も無料でしたいというのであれば、この下で説明している「スーパーだれとでも定額」をオススメします。

どれだけ通話してもタダ!「スーパーだれとでも定額」

Y!mobileのオプションで「スーパーだれとでも定額」というものがあります。

「スーパーだれとでも定額」は月額1,000円で利用でき、どれだけの時間、どれだけの回数電話をしても通話料金がタダです。

例えば、知り合いの携帯電話、固定電話などに向けて通話をしても無料だということですね。

もしあなたが長い時間電話をしたり、毎日のように色々なところに電話したりする場合は、ワイモバイルの「スーパーだれとでも定額」は是非とも使ってみることをオススメします。

そうすることで、通話料金に悩まずに済みますから。

ただ、0570や0180から始まる電話番号、海外に通話する場合などは通話料がかかることに気をつけてくださいね。

ソフトバンクとワイモバイルの回線が使えるので、日本全国で利用できる!

ymobile
Y!mobileでは、ソフトバンクとワイモバイルの両方の回線を使って通信をすることができるので、日本国内のかなり幅広い場所で電波がつながります。

もちろんLTEにも対応しているので、インターネット上の情報、例えば動画やウェブサイトなどが素早く表示されます。

ストレスなくウェブサイトを見ることができるということですね。

ちなみに、具体的にどんな地域に対応しているのか?

ということが知りたいなら、以下のページを見てみてください。

あなたの住んでいる地域が対応しているかどうかがすぐにわかります。

>>Y!mobileの通信エリアの詳細はこちら

シェアプランを使えば、通信容量が共有できます!

ymobile
Y!mobileの「シェアプラン」を使えば、通信容量を別の端末(家族)と共有できるんです!

「シェアプラン」というものに申し込むと、親回線を含めて最大4枚までSIMカードを提供してもらえます。

その4枚のSIMカードを別々の端末に挿し込んで、通信容量を分け合いながら使うことができるんですね。

例えば、スマホプランLの通信容量7GB/月のシェアプランに申し込んでSIMカードを4枚提供してもらった場合、家族で、

・お父さん→1GB/月
・お母さん→1GB/月
・お兄ちゃん→2GB/月
・妹→3GB/月

みたいに使うこともできます。

家族同士で通信容量を分け合って使えたりするので、すごく便利ですよね!

ワイモバイルのシェアプランの月額料金は以下のようになっています。

【シェアプランの月額料金】

  対象プラン 月額料金
シェアプラン スマホプランS +980円
スマホプランM +480円
スマホプランL 無料

このように、どのスマホプランを選んでいるかによって、シェアプランの月額料金は変わってきます。

ちなみに、シェアプランは+1回線~3回線まで追加できますが、1回線でも2回線でも3回線でも、月額料金は変わりません。

例えば、スマホプランSでシェアプランを申し込んだ場合、1回線追加しても月額980円、3回線追加したとしても月額2,940円にはならず、月額980円のままだということですね。

「パケットマイレージ」を貯めると、翌月の高速データ通信容量が増える!

Y!mobileには、「パケットマイレージ」というサービスがあり、Yahoo!Japanのサービスを利用することで「マイル」を貯めることができます。

例えば、Yahoo!Japanのトップページに行くだけで1マイル貯まったり、「Yahoo!ショッピング」というウェブサイトで買い物をすると10マイル貯まったりします。

(マイルを貯める詳しい方法についてはコチラのページに書いています。)

マイルを貯めると、そのマイル数に応じて翌月の高速データ通信容量が増えるという仕組みになっているんですね。

例えば、以下のような感じで通信容量が増えます。

マイル 翌月に増える
高速データ通信容量
80~199マイル +0.5GB
200~399マイル +1GB
400~599マイル +5GB
600~マイル 無制限

もしあなたがYahoo!のサービスを普段から利用しているなら、とても便利でお得な仕組みだということですね。

ちなみに、マイルは翌月に繰り越すことはできません。

例えば、今月79マイルまでしかたまらなかったら、翌月はまた0から貯める必要があるので気をつけてくださいね。

「快適モード」を使えば通信速度が遅くならない!

ymobile
ワイモバイルには「制限モード」と「快適モード」というものがあります。

月の通信容量を使いきってしまうと、「制限モード」という通信速度がものすごく遅い状態になってしまい、動画やウェブサイトを見るのがかなり大変になります。

そんなときに「快適モード」が役立ちます。

「快適モード」を利用すれば、月の通信容量を使い切ってしまった後でも、通信速度が遅くならずに快適に動画やウェブサイトを見ることができます。

ただ、「快適モード」の場合、月の通信容量を超えると、自動的に500MBあたり500円の料金が追加される点に注意してくださいね。

家族割を利用すれば、月額料金がさらに500円引き!

家族割を利用することで、Y!mobileの月額料金をさらに安くすることができます。

例えば、こんな感じです。

プラン名 月額料金 家族割適用後の
月額料金
スマホプランS 2,980円 2,480円
スマホプランM 3,980円 3,480円
スマホプランS 5,980円 5,480円

ただ、家族割を利用するときには注意点があります。

例えば、3人家族で家族割を利用したい場合、1回線(主回線)は家族割が適用されず、2回線目以降(副回線)は家族割が適用されるという仕組みになっています。

家族割のメンバーのうちの1人は500円割り引きが適用されないということなので、気をつけてくださいね。

ワイモバイルは、テザリングが使える!

ymobile
テザリングとは、スマートフォンを使って、パソコンやゲーム機器などをインターネットに接続することを言います。

Y!mobileのSIMカードを使ってテザリングができるのはどんなスマホ端末なのかについては、ワイモバイルで販売しているスマホ端末の個別ページを見れば確認することができます。

ちなみに、Y!mobileに電話して確認したところ、ワイモバイルで取り扱っていないスマホ端末については、テザリングができるかどうかはわからないとのことなので、注意しましょう。

ソフトバンクのWi-FIスポットが無料で使える!

ymobile
Y!mobileのスマホプランなら、「ソフトバンクWi-Fiスポット」が無料で使えます。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」を使ってデータ通信を行えば、データ通信容量を消費せずに動画やウェブサイトを見ることができるため、とても便利です。

特に、動画はかなり大量に通信容量を消費しますので、もしあなたが動画をスマホでたくさん見るということであれば、是非とも利用してみてくださいね。

具体的にどんな場所にWi-Fiスポットが設置されているかについては、こちらのページに書いてあるので、興味があれば見てみてください。

button_001

Y!mobile(ワイモバイル)の欠点

他の格安SIM業者と比べると、月額料金が高めです

ymobile
Y!mobileは大手3社と比べると月額料金は安いのですが、他の格安SIM業者と比べると月額料金が高いのが欠点です。

例えば、Y!mobileの場合は月額2,980円が最安ですが、他の格安SIM業者の場合、月額1,600円くらいのものが多いです。

この差は、Y!mobileのスマホプランの特徴と大きな関係があります。

ワイモバイルのスマホプランの場合、無料通話が付いてくるので、その分高くなっているということなんですね。

一方、他の格安SIM業者の場合、無料通話が付いていなくて、30秒あたり20円の通話料金がかかるような仕組みになっています。

なので、もしあなたが通話をそれほどしないなら、月額料金が安い他の格安SIM業者を利用した方が良いです。

逆に、もしあなたが通話をたくさんするなら、ワイモバイルのスマホプランの方が無料通話が付いてる分、お得になるということですね。

Y!mobileは最低利用期間が長い

ymobile
Y!mobileのスマホプランは最低利用期間が2年です。

他の格安SIM業者の場合、最低利用期間が6ヶ月だったり、12ヶ月だったりすることが多いので、それと比べるとやはり長いということがわかります。

最低利用期間が長いということは、そう簡単に解約することができないということです。

もしワイモバイルを実際に使ってみて微妙だったと感じたとしても、しばらくは使っていないといけないということですね。

ただ、最低利用期間内でも、違約金9,500円を支払えば解約することはできるのでその点は安心してください。

ちなみに、最低利用期間をなくす方法もあるのですが、その場合、以下のような月額料金になってしまいます。

【最低利用期間がない料金プランの月額料金】

プラン名 内容 月額料金
スマホベーシックプランS スマホプランS
(月額2,980円)と同じ
5,480円
スマホベーシックプランM スマホプランM
(月額3,980円)と同じ
6,480円
スマホベーシックプランL スマホプランL
(月額5,980円)と同じ
8,480円

こんな感じで、最低利用期間がないスマホのプランの場合、月額料金がかなり割高になります。

なので、基本的には、最低利用期間があるスマホプランS、スマホプランM、スマホプランLを選んだほうがいいということですね。

button_001

ワイモバイルの格安SIMカードが使えるスマホ端末について

Y!mobileのSIMカードが使えるスマホ端末は、

・SIMフリースマホ端末の一部
・ドコモのスマホ端末の一部

です。

具体的にどんなスマホ端末なら使えるのか?については、こちらの動作確認済み端末一覧ページで確認することができますので、是非とも見てみてくださいね。

ただ、ドコモのスマホ端末については「SIMロック」というものを解除しないと、Y!mobileのSIMカードは利用できるようにはなりません。

(「SIMロック」とは、例えば、ドコモのスマホ端末にはドコモのSIMカードしか使えないというような状態のことを言います。)

「SIMロック」の解除の仕方については、「ドコモ SIMロック解除」などで検索すれば出てくるので、興味があれば調べてみてください。

ちなみに、動作確認端末一覧ページをちゃんと見ることで、スマホ端末とSIMカードを別々に買うことはできるのですが、管理人としては別々買いはオススメできません。

というのも、スマホ端末とSIMカードには相性があり、スマホ端末とSIMカードの専門知識がないと、購入を失敗する可能性が高いからです。

こういった面倒な問題に直面しないための方法は、ワイモバイルのスマホ端末とSIMカードをセット購入するということですね。

セット購入の場合、わざわざスマホ端末とSIMカードの相性を調べる必要がないですし、スマホの難しい専門知識を学ぶ必要もなくなります。

では、ワイモバイルで取り扱っているSIMカードとセットで買えるスマホ端末にはどんなものがあるのでしょうか?

管理人がオススメするスマホ端末を紹介していきます。

性能がものすごく良いスマホ端末はコレ

ymobile
「Nexus 6」のROMが64GB、RAMが3GBのモデルはY!mobileのスマホ端末の中でもかなり性能が良いです。

「Nexus 6」は画面サイズが6インチとかなり大きいため、スマホで暇つぶしをしたり、情報収集をしたりするにはピッタリの機種です。

また、画質も2560×1440ということで、スマホ全体の中でもトップクラスの数値を持っています。

15分の充電で6時間も利用できるという点も地味に嬉しいですし、良い評判が多い機種でもあります。

機種名 高速データ通信
(LTE対応)
値段
Nexus 6 79,200円

安く買えるスマホ端末はコレ

ymobile
「DIGNO C」がオススメです。

「DIGNO C」は28,800円という価格で、Y!mobileのスマホ端末の中ではトップクラスに安いですね。

安いとはいえ、電話やメール、LTE回線を使った高速のインターネット通信などの基本的なことは問題なくできます。

しかも、防水・防塵・耐衝撃性を備えているのでかなり壊れにくいスマホ端末でもあるんですね。

機種名 高速データ通信
(LTE対応)
値段
DIGNO C 28,800円

Y!mobileのSIMカードはどこに行けば買うことができる?

ymobile
Y!mobileのSIMカードは、Y!mobileの実店舗やウェブサイトで買うことができます。

実店舗の場合、全国各地にワイモバイルを取り扱っているお店があります。

具体的には、コチラのページでワイモバイルのお店の場所を調べることができるので、興味があれば見てみてくださいね。

こういった実店舗に行けば、ワイモバイルの端末を実際に見ることも触ることもできますし、店員さんに色々と質問をすることもできます。

ですが、実店舗に実際に足を運ぶのって、ちょっと壁を感じることがあるんですよね。

「お店に入ったからには何か買わないと申し訳ないような気がする」
「ただただじっくり見てみたいだけなのに、店員さんに話しかけられてしまい、気が散る」
「そもそも、家の近くにお店がないから、行くのが大変なんだけど・・・」

こういったことを考えてしまうと、どうしてもお店に行くのも気が引けてしまったりします。

これらの問題を解決するための方法として、Y!mobileのウェブサイトを活用するというのがあります。

ウェブサイトなら、あなたの家で全ての情報を見ることができますし、店員さんに話しかけられて集中が切れることもないですし、何か買わなくてはいけないという気持ちになることもありません。

思う存分、好きなだけスマホ端末やSIMカードについて調べることができるんですね。

とはいえ、ウェブサイトの場合、質問が気軽にできない、実物に触れることができないといったデメリットがあることも事実です。

実は、実店舗とウェブサイトのデメリットを両方ともなくす買い方もあります。

管理人が普段から使っている方法で、個人的には究極の購入方法だと思っています。

究極の購入方法については、こちらのページで詳しく書いていますので、興味があれば見てみてくださいね。

Y!mobileのSIMカードを買った後、わからないことがあったら・・・

ymobile
「Y!mobileのSIMカードを無事手に入れることができたけれども、設定方法とか使い方がよくわからない!」

という状態になったら、Y!mobileのウェブサイトの「よくあるご質問」というページをまずは見てみてください。

そうすることで、多くの問題は解決することができます。

ただ、「よくあるご質問」のページに書いてある質問の数はかなり多いので、あなたの疑問を解決してくれる質問を見つけるのが難しいときもあるかと思います。

そういう場合は、Y!mobileのお問い合わせフォームを利用すれば、わからないことを教えてくれます。

また、ワイモバイルのSIMカードが入ったスマホ端末であれば「151(有料)」、それ以外の携帯電話であれば0570-039-151(有料)に電話をすることでも、疑問を解決することができます。

実際、管理人は上の電話番号に電話をしてみましたが、すぐに電話はつながり、わからないことを無事解決することができました。

ちなみに、「管理人に色々と聞きたいことがある!」という場合は当サイトでもメッセージを受け付けています。お気軽に連絡してくださいね。

Y!mobile(ワイモバイル)の口コミ情報

ymobile
Y!mobileの口コミ、評判を見てみると、

・10分以内の通話が月300回まで無料なのが良い
・田舎の方でも普通に電波が届いた
・サポートが丁寧だった

こういった声があることがわかります。

Y!mobileは通話料金がお得になるようなプランになっていて安く済むという評判が多いですね。

一方、月額料金が割高という声があることも事実です。

たしかに、Y!mobileよりも安い月額料金を提供している格安SIM業者はたくさんありますので、そういう口コミ情報があるのはとても自然なことです。

ただ、上に書いた「Y!mobileの欠点」の項目にもあるように、ワイモバイルは月額料金が高いけれども、無料通話ができる分、得になっています。

10分以内の通話が月300回まで無料ということは、1ヶ月あたり3,000分の通話ができるということです。

普通は30秒あたり20円、つまり1分あたり40円の通話料金がかかるので、ワイモバイルは3,000分×40円=120,000円分の無料通話ができることになります。

なので、通話をするならワイモバイルの方が圧倒的にお得だということですね。

それに、Y!mobileの月額料金は、大手3社の月額料金と比べたら3,000円くらいは安いので、大手三大キャリアよりも断然お得です。

もしあなたが大手3社よりも安くスマホを使いたくて、通話もけっこうするということであれば、Y!mobileはとてもオススメの格安SIM業者だということですね。

button_001