simカードは、nttコミュニケーションではどういうものがある?

simカード nttコミュニケーション

simカードは、nttコミュニケーションではどういったものがあるんでしょうか?

この記事では、nttコミュニケーションのsimカードについて、解説をしていきます。

ちなみに、ここで紹介しているsimカードは、nttコミュニケーションの「OCNモバイルONE」という通信サービスのsimカードです。

nttコミュニケーションのsimカードについて

nttコミュニケーションは、simカードシェアNo.1を獲得しています(2015年3月、MM総研調べ)。

どういうことかというと、すごく売れているsimカードだということです。

人気があるということでもありますし、Amazonという大手通販サイトでも、「OCNモバイルONE」は群を抜いて口コミ数が集まっています。

Amazonでの評価は5点満点中4.2点なので、満足して利用している人が多いと言うことができます。

ちなみに、評判の良くないsimカードの場合、5点満点中2点台のものもあります。

こういうことを考えると、nttコミュニケーションのsimカードはなかなか優秀だということがわかりますね。

では、実際どれくらいの料金がかかるのかというと・・・

一番高い料金プランでも、これだけ安い

nttコミュニケーションのsimカードは音声通話対応のものの中から、一番高い料金プランのものを選んだとしても、月額基本料は2,500円です。

大手(ソフトバンク、au、ドコモ)のスマホと比べると、飛びぬけて安いということです。

ただ、いくら安いからと言っても、電話をしすぎるとまずいことになります。

通話料が30秒で20円かかるので、電話をたくさんすると、あっという間に月額料金が膨れ上がってしまう可能性があるんですね。

対応策としては、無料通話をすることができるLINEなどのアプリを積極的に利用するということですね。

そうすれば、安い月額料金をキープすることができます。

ちなみに、nttコミュニケーションのsimカードは、こちらのページに書いてあるスマホ端末で利用できます。

種類が多いけれど、どれにすれば良い?

実際に調べてみると、nttコミュニケーションのsimカードはかなり種類が多いです。

「音声対応SIM」や「データ通信専用SIM」、「プリペイドSIM」なんていうものもあります。

もし、どれにしたら良いのか困っているなら、まずは「音声対応SIM」を見てみることをオススメします。

「音声対応SIM」は、機能が一番たくさんついているsimカードです。

データ通信、SMS、音声通話をすることができます。

ただ、nttコミュニケーションの「音声対応SIM」の中にも、さらに色々な選択肢があります。

例えば、データ通信容量によって月額料金が変わってきます。

もし、どのデータ通信容量にしたら良いかわからなければ、最初は一番データ通信容量が少ない「110MB/日」のプランを選んでみてください。

というのも、データ通信容量が少ないプランは月額料金が安いですし、もしデータ通信容量が足りなければ、料金プランを変えれば大丈夫だからです。

管理人的に、「110MB/日」のプランを使えば、実質3.3GB/月の容量になるので、このプランで充分だと思います。

nttコミュニケーションのsimカードのまとめ

nttコミュニケーションは、simカードのシェアNO.1を獲得していることがわかりました。

また、nttコミュニケーションには、「データ通信専用SIM」や「音声対応SIM」、「プリペイドSIM」があるということもわかりました。

もし、どれにしたら良いのか判断がつかないなら、まずは「音声対応SIM」の「110MB/日」のプランを見てみることをオススメします。

このsimカードは一番機能が豊富で、たいていのことはできるからです。

nttコミュニケーションのsimカードを選ぶときに、参考にしていただけると嬉しいです。

コメントを残す