simカードのsmsとは、何なのでしょうか?

simカード sms
simカードの「sms」という機能は、一体どういうものなのでしょうか?

このページでは、smsについて詳しく説明していきます。

また、「SMS機能が付いているsimカード」と、「SMS機能が付いていないsimカード」のどちらがオススメかについても書いています。

結論から言うと、管理人的には、絶対に「smsありのSIMカード」が良いと思います。

なぜそうなるのでしょう?お楽しみに!

そもそも、smsとは?

smsとは、ショートメッセージサービスの略で、電話番号を宛先にしてメッセージを送れる機能のことを言います。

国内への送信をするか、海外への送信するかによって、1通あたりの料金が変わってきます。

国内への送信の場合、1通あたり3円から送ることができ、最大で670文字まで送ることができます。

70文字までは3円で送ることができますが、それよりも多い文字数になった場合、文字数に応じて送信料が変わってきます。

文字数と送信料の関係は、以下の表の通りです。

【国内への送信料】

送信文字数 送信料
1~70文字 3円
71~134文字 6円
135~201文字 9円
202~268文字 12円
269~335文字 15円
336~402文字 18円
403~469文字 21円
470~536文字 24円
537~603文字 27円
604~670文字 30円

海外への送信を行う場合は、国内送信とは別の料金体系です。

具体的には、以下の表のようになっています。

【海外への送信料】

送信文字数 送信料
1~70文字 50円
71~134文字 100円
135~201文字 150円
202~268文字 200円
269~335文字 250円
336~402文字 300円
403~469文字 350円
470~536文字 400円
537~603文字 450円
604~670文字 500円

どういう場合にsmsを利用するのが良いのか?というと、メッセージを送りたい相手の電話番号はわかるけれども、メールアドレスがわからない場合です。

送りたい相手のメールアドレスがわかる場合、メールだったら無料で文章を送ることができるので、メールをオススメします。

ちなみに、利用している端末によっては、smsは70文字までしか送れないこともあります。

事実、管理人が知り合いからSMSでメッセージを受け取ったときに、70文字までしか受信されてなくて、途中で文章が切れていたということがありました。

なので、SMSでメッセージを送るなら、70文字までにしといた方が安全だということですね。

「smsなしのSIM」と「smsありのSIM」はどう違う?

simカード sms

「smsなしのSIM」の場合、smsができませんが、機能が制限されている分、月額料金が120円程度安くなります。

ウェブサイトを見たり、メールをするだけなら、「smsなしのSIM」で大丈夫です。

ただ、「smsなしのSIM」でSNSやアプリ、ゲームなどをしたいなら、問題が起こる可能性が高いので、注意した方が良いです。

FacebookやLINE、ゲームなどのアプリは「SMS認証」というものが必要だからです。

「smsなしのSIM」で、アプリの新規アカウントを作りたいなら、SMSがないと駄目だということですね。

例外的に、「smsなしのSIM」に乗り換える前に、すでにFacebookのアカウントを持っているなら、「smsなしのSIM」に乗り換えた後でも、LINEの新規アカウントの取得が可能です。

なぜなら、Facebookのアカウントの承認で、LINEにログインできるからです。

(逆に言うと、「smsなしのSIM」に乗り換える前に、Facebookのアカウントを事前に作っておかなければ、LINEの新規アカウント取得ができません・・・)

また、すでに、LINEのアカウントを持っているなら、「smsなしのSIM」に乗り換えた後でも、LINEは使えます。

しかし、ここでもう1つ重大な問題が!!

事前に、LINEのアカウントを取得していたとしても、「smsなしのSIM」で「LINE」を利用する際には、色々と問題が生じるようです。

MVNOの業者の方に電話をしてみたところ、「smsなしのSIM」だと、グリーやモバゲー、LINEなどのアプリに接続する際に、「接続中です」のような表示が出てしまい、

接続までに時間がかかったり、通信容量やバッテリーを無駄に使われてしまうことが多発しているようです。

「smsありのSIM」なら、LINEでこのような問題も起きませんし、「SMS認証」が必要なアプリも利用できるので、管理人的には、少し高くても絶対に「smsありのSIM」を選んだほうが良いと思います。

もしあなたがSNSやスマホゲームを使いたいと思っているのなら、sms機能の付いたSIMを必ず選ぶようにしておいてください。

そうしておけば、通信容量やバッテリーを無駄に消費してしまう恐れもなく、SNSやスマホゲームを満喫できます。

「smsなしのSIM」は、スマホの電池を無駄に消費してしまうかも!?

simカード sms
上の記事を読んで、

「どうしてsmsなしのSIMだと、余計な通信容量やバッテリーを消費されてしまうの?」

「どうしてアプリの接続のときに、ずっと接続中の表示がされてしまうの?」

と思いませんでしたか?

その原因は、「smsなしのSIM」を選んだときに生じる「アンテナピクト問題」や「セルスタンバイ問題」にありました。

「アンテナピクト問題」とは、スマホがインターネットに接続できているのに、「圏外」と表示される問題です。

なぜこのような問題が起きるか?

このことを理解するためには、スマートフォンの構造について、簡単に知っておく必要があります。

そもそも、スマートフォンは「電話回線」と「データ回線(インターネット接続など)」の2種類の回線を使っています。

「smsなしのSIM」は、「データ回線」をつかまえることはできても、「電話回線」をつかまえることができません。

「電話回線」がつかめないため、スマホに「圏外」と表示されてしまうんですね。

つかめない「電話回線」をつかもうとして、スマホ自身が必死になって「電話回線」を探し続けると、電池の消耗が激しくなります。

このような問題を「セルスタンバイ問題」と言うんですね。

まとめますと、「アンテナピクト問題」と「セルスタンバイ問題」は、電話回線がつかめない「smsなしのSIM」だからこそ起きる問題だということです。

「smsありのSIM」は「電話回線」をつかまえることができるので、これら2つの問題は起こりません。

【注意】simカードのsmsのオプションは、簡単につけたり外したりできません

これ、けっこう大事な話なのですが、smsのオプションを必要な月につけて、必要ではない月はつけない!といったことができないと考えた方が良いです。

というのも、「smsなしのSIM」と「smsありのSIM」は、そもそも別の種類のsimカードだからです。

「smsありのSIM」には、smsができるという情報がチップに埋め込まれています。

もし、「smsなしのSIM」から「smsありのSIM」に変更したい場合は、「smsありのSIM」を買って、「smsなしのSIM」を解約するという手続きが必要です。

要は、simカードを買う前に、あなたにとってsms機能が必要かどうか判断しなくてはいけないということですね。

管理人としては、「smsなしのSIM」と「smsありのSIM」のどちらにするか悩んでいるなら、絶対に「smsありのSIM」の方が良い!とお伝えしておきます。

sms機能があるのとないのとではどう違うのか?「smsなしのSIM」の問題点は?については、上の項目で説明していますので、参考にしていただければ嬉しいです。

simカードのsmsのまとめ

simカードの「sms」という機能は、70文字以内のメッセージを1通あたり3円で送ることが出来る機能だということがわかりました。

「smsなしのSIM」は、「smsありのSIM」よりも月額料金が120円程度お得になりますが、色々な問題が生じる可能性があります。

具体的には、「SMS認証」が必要なLINEやFacebookなどの新規アカウントが作れません。

スマホゲームやその他アプリも同様に、うまく使えない可能性があります。

さらに、「smsなしのSIM」だと、アンテナピクト問題、セルスタンバイ問題など、スマホの電池消耗が激しくなる問題も起きる可能性があります。

なので、「smsなしのSIM」と「smsありのSIM」のどちらがオススメか?

と言えば、「smsありのSIM」が圧倒的に良いということですね。

この情報が、あなたのsimカード選びに少しでも役に立つことを願っています。

コメントを残す