simカードの容量(GB・MB)って、一体何なの?

simカード 容量
simカードには容量というものがあります。

ここでは、simカードの容量として使われているGB(ギガバイト)やMB(メガバイト)についての解説をしています。

また、1GBの容量でどんなことができるのか、オススメの容量は何GBなのかについても紹介しています。

ギガバイトとは?メガバイトとは?

simカードの容量を見てみると、GB(ギガバイト)やMB(メガバイト)という数値が使われています。

まずは、GBとMBの関係についてですが、1GBは1,000MBです。(1GB=1,024MBと解説しているところもありますが、それについては後で説明します。)

そもそも、GB(ギガバイト)の「G」は、1,000,000,000、言い換えると10億です。

一方、MB(メガバイト)の「M」は、1,000,000、言い換えると100万です。

なので、

・1,000MB=1,000,000,000B
・1GB=1,000,000,000B

ということになり、結局、1GBも1,000MBも10億Bということです。

ちなみに、1GB=1,024MBと説明しているところもありますが、これはこれで合っています。

というのも、コンピュータの中では、1GB=1,024MBで処理されていたりするからです。

なぜこれら2種類の表記方法があるのでしょうか?

(ここからの話は少し難しいので、詳しく知らなくても良い人は、すぐ下の「1GBでどんなことができるのか?」に飛んでくださいね。)

【10進数と2進数の話】
それは、人間は10進数というものに馴染みがあり、コンピュータは2進数というのもに馴染みがあるためです。

10進数とは、私たちが数字をカウントするときに使っているやつです。
「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,・・・」と進んでいく数え方ですね。

2進数とは、
「1,10,11,100,101,110,111,1000,・・・」と進んでいく数え方のことです。

詳しくは2進数について調べていただければと思いますが、2進数の場合、「2、2×2、2×2×2、2×2×2・・・」などの数値について語ることが多いです。

そして、2の10乗(2を10回かけ算すること)が1,024になるんですね。

1,024という数値は2進数の考え方と関係が深いということです。

でも、これだと、1GB=1,000MBと1GB=1,024MBという2種類の説明があるので混乱してしまいそうですが、1000MBも1024MBもそれほど大きな差はありません。

なので、以下のように区別をしていただければ、日常で困ることはまずないでしょう。

人にわかりやすく説明するのには、1GB=1000MBと伝えて大丈夫です。
一方、コンピュータの中では、1GB=1024MBと計算されていると考えて大丈夫です。

厳密には、コンピュータ内でも、1GB=1000MBで考えている部分があるとのことですが、詳しく知りたいなら、「1000 1024 違い」などで調べてみてくださいね。

MiB(メビバイト)やGiB(ギビバイト)という表現があったりして、けっこう面白かったりします。

1GBでどんなことができるのか?

simカード 容量
simカードの容量が1GBあれば、色々なことを楽しむことができます。

例えば、
・メール20万通で1GB
・ウェブサイト4,000ページで1GB
・動画を7時間30分見たら1GB
・音楽のダウンロード255曲で1GB

(ここで求めた数値は、OCN モバイル ONEという格安simカードを提供しているサービスのこちらのページと、ソフトバンクのこちらのページを参考に計算しています。)

これらからわかることは、1GBあれば、メールやウェブサイトを見たり、音楽のダウンロードは大量にできるけれども、動画を見るのは要注意ということですね。

もし1ヶ月あたり1GBのプランを選んだら、動画は1日あたり15分しか見れないからです。

動画は1分あたり2.22MB程度のデータ通信量を消費するので、気をつけてくださいね。

simカードの容量はどれがオススメか?

simカード 容量
「MMD研究所」というスマートフォンの利用状況を調査している機関によると、格安スマホ利用者の62.4%は、1ヶ月あたりのデータ通信量が3GB以内とのことです。

言い換えると、スマホを使っている人の半数以上が、3GB以内のデータ通信量で収まっているということです。

また、1ヶ月あたりの平均データ通信量が2.8GBという調査結果も出ています。

ちなみに、「MMD研究所」が行ったスマホ利用者のアンケートについての詳しい情報はこちらにありますので、興味があれば見てみてくださいね。

まとめますと、もしあなたがsimカードの1ヶ月のデータ通信量で迷っているなら、とりあえず3GBのプランにしてみてくださいということです。

その後、実際に使ってみて通信容量が足りないと思ったら、通信容量が多いプランに変更すれば大丈夫です。

また、通信容量が多すぎると感じたら、通信容量が少ないプランに変えれば、月額料金をより安くすることができます。

1ヶ月あたりの通信容量の変更や追加は、契約先のMVNO業者に問い合わせれば、すぐに対応してくれるので安心です!

1日あたりのプランと1ヶ月あたりのプラン、どちらが良い?

simカードの通信容量について見てみると、1日あたりの通信容量で書かれているものと、1ヶ月あたりの通信容量で書かれているものがあります。

例えば、格安SIMカードを提供しているOCN モバイル ONEでは、110MB/日コースや、3GB/月などがあります。

110MB/日と書かれている場合、1日あたり使える通信容量は110MBです。

ということは、1ヶ月あたりに使える通信容量は110MB×30日=3,300MB、つまり3.3GBなんですね。

一方、3GB/月と書かれている場合、1ヶ月あたりに使える通信容量が3GBということです。

ちなみに、OCN モバイル ONEの場合、110MB/日プランは月額900円、3GB/月は月額1,100円です。

1ヶ月あたりに換算すると、110MB/日プランは3.3GB使えるので、110/日プランの方が良いと言いたいところですが、実際はそうではありません。

1日あたりの通信容量が決まっているプランと、1ヶ月あたりの通信容量が決まっているプランはどちらが良いのか?

という問題については、あなたのスマホの使い方によって変わってきます。

もしあなたが、毎日のようにスマートフォンを使ってデータ通信を行っていて、平日も休日もデータ通信量がそれほど変わらない!

ということなら、1日あたりの通信容量が決まっているプランがオススメです。

一方、もしあなたが、平日はそれほどスマートフォンでデータ通信は行わないけれど、休日にたくさん使う!

ということなら、1ヶ月あたりの通信容量が決められているプランが良いということです。

simカードの容量のまとめ

simカードの容量には、GBやMBという表現が使われ、1GB=1,000MBだということがわかりました。

メールやインターネット、音楽のダウンロードをするときには、データ通信量を気にする必要はほとんどありません。

ですが、動画を見るときには気をつけてください。

動画は1分あたり2.22MB程度のデータ通信量を使うため、気が付けば通信容量を使い切っていたということになる可能性があるからです。

また、通信容量が1日あたりで決まっているプランと、1ヶ月あたりで決まっているプランのどちらを選べば良いのでしょうか?と悩んでいるなら、以下の選び方で大丈夫です。

平日も休日もデータ通信量がそれほど変わらない!なら、通信容量が1日あたりで決まっているプランがオススメです。

日によってデータ通信量が変わる、例えば、休日にまとまってデータ通信を利用する!ということなら、通信容量が1ヶ月あたりで決まっているプランが良いです。

あなたに合ったプランを選んでいただければ、私も嬉しく思います。

コメントを残す